URAWA MONTESSORI EDUCATION 子供が世界を広げる瞬間 モンテッソーリの子育て 浦和教室

BLOG

「3さいから分かってたんだ・・・。」

 しとしと雨が降る朝、Sくんが静かに話してくれました。「あのね・・・。じょうずにかきたいの。」「どういうこと?」「はみ出したくないんだ。」

 Sくんはピンク色の鉄枠を色鉛筆でなぞってから、図形の重なる部分を塗っていました。彼は4歳になったばかりです。話すことばが増え、自分の気持ちを豊かに伝えてくれるようになりました。

 「3さいからね、分かってたんだ。(鉛筆で塗るとき)はみ出してるのは。でも、どうしてもはみ出しちゃうんだよ。つよく書いて紙が破けると、もう…、やりたくなくなるんだ。」なんという表現でしょう。大人には全然思いつかない、純粋なかなしいきもち。それを、4歳になったばかりのSくんは、口を尖らせて教えてくれたのでした。

 子どもははじめ、道具を持つことが嬉しくて、持つだけで輝く瞳になります。最初から上手に使うのは難しいので、モンテソーリの先生は「見ててね。」と使い方を見せます。でも、多くの子どもは、見るのもそこそこに、どんどん笑顔で手を動かします。それがある時、「あれ、何か違う。」と気づくのでしょう。何が違うのか言えない。けれど、何かが「違う」と気づくのです。

 違いに気づくことは、見て、聞いて、嗅いで、触れて、味わって、持って…分かることです。ある2歳の女の子は、環境の香りを「い~いにおい。」と「へんなにおい。」の二つに分けて理解しています。その子は、かぶとむしもお花もコロンも、何を嗅いでもすました顔で「へんなにおい。」と言うのですが、彼女の持ってきたバッグからタオルを出して「い~いにおい。」と教えてくれます。

 少し話がそれてしまいました。彼女と同じようにSくんは、「僕の絵には、きちんと描けている部分と、きちんと描けていない部分がある。きちんと描けている部分はオッケー。そして、きちんと描けていない部分は『はみ出してる』んだ。」とSくんは分析したのです。

 このあとから、Sくんの「きちんとしたい気持ち」は高まり、バッグの中を整理したり、はさみで線の上を切ったり、「きちんと」の基準を持つようになったと思います。もちろん、すぐにはみ出さなくなるわけではないですが、確実に一つの基準を持ちました。「自律」の道を歩き始めたSくんは、自分で選び、自由に展開して、納得して終えるスタイルを繰り返していくでしょう。

 この話を、ご家族にしたあと、「たくさん塗り絵に付きあうようになりました。忙しいけど、楽しいです。」とお父さんが話してくださいました。Sくんはいま、みんなに応援される喜びもあいまって、初めて鉛筆を持った時と同じ、きらきらの瞳で描いています。