URAWA MONTESSORI EDUCATION 子供が世界を広げる瞬間 モンテッソーリの子育て 浦和教室

BLOG

おうちモンテのはじめ方

家にいることが多くなり、“おうちモンテ”のはじめ方について質問を頂きます。「ピンクタワーや算の教具、どんな〝モノ〟を買ったらいいですか?」モンテッソーリ教育でイメージするのは、美しい教具を「買うところから。」はじめようとお思いでしょう。しかし、家庭でモンテッソーリ教具を購入する必要はないし、むしろ今お家にあるもので十分だと私は思います。〝モノ〟はなくても、どのご家庭にもすでに子どもを引き付ける、“こと”が、たくさんあります。

いつの時代も、子どもが自ら「やってみたい」のは、“動くこと”です。思い出してください。赤ちゃんのとき足をバタバタ、手をグーパーしましたね。それは、動くと楽しいからです。自分の思った通りに身体が動くのが楽しくて、そのうちに“動くこと”は、寝返りやつかまり立ち、ひとり歩きに成長してきたはずです。ですから、赤ちゃん期の延長にある幼児期も、「やってみたい」のは、“動くこと”です。(決して文字を読んだり、算数ではありません。)

たとえば、ママのようにバッグを持ちたいし、生活の道具を使いたいかもしれません。これらの運動に関する活動を、モンテッソーリは「日常生活の活動」として一つの分野に分けています。

「モンテソーリクラスをはじめようと思ったら、日常生活の活動(たしなみと礼儀を教えることも含め)のみに最初は力を入れ、こどもと環境との間に、モンテソーリが『信頼関係』と呼ぶ状況が成り立つまでは、特定のどの教材であろうと、それの持込みは後にまわすことが最善です。(E.M.スタンディング著『モンテッソーリの発見』エンデルレ書店1975年307ページ)と言われるように、おうちモンテも、導入は日常的に使う“モノ”だけで十分です。

そこで大切なのは、動き方を教える方法です。子どもは様々な動き方を、私達大人の動作を見て、日々学びつつあります。ですから大人は、色んな動作をし、道具を使って見せることで、子どもを助けます。これは簡単なようで難しく、責任重大です。例えば、大人の動き方が早すぎると見えませんし、毎回違う動き方だと、間違えて覚えます。ただし、子どもが失敗したり、間違えても、叱ったり怖がらせてはいけません。

「こどもは理解したのかもしれませんし、理解していないのかも知れません。こどもがやり方をまちがえてもそれはかまわないのです。こどもは自分の殻にこもってしまいますから、訂正してはいけません。(中略)私達は教えた、そしてそれが失敗だった、というわけです。」とモンテッソーリも言っています。

人は“されたように育つ”と言います。幼くても、一人の人として向き合い尊重して下さい。大人が日ごろの動作をきちんと行い、身の回りの道具の使い方をしっかり見せること。子どもの失敗を訂正しないのは、子どもを人格として尊重するから。こういう風に、“おうちモンテ”がはじめられると良いと思います。

※訂正する事と、教えることは違います。間違いを訂正しないでやさしく教えて下さい。

※子どもが大人と違う方法で行っても、上手に出来れば良いです。子どもが違う方法で行って危険な時は、積極的に介入して教えて下さい。上手くできない時も教えて下さい。