URAWA MONTESSORI EDUCATION 子供が世界を広げる瞬間 モンテッソーリの子育て 浦和教室

BLOG

彼女が一人でしたら 手を引きなさい

私はいま、京都の​モンテッソーリコースで学んでいます。このような社会状況なので、リモート授業ではありますが、モンテッソーリ教育の第一人者の先生方から、貴重なお話を伺える大変貴重な機会となっています。

コース長の岡山先生のお話はいつも楽しく、出会った子どもたちの生き生きとした生活のことをお話し下さいます。

ある男の子は年少の頃、緑豊かな園庭でウサギやモルモットのお世話をして本当に楽しく過ごしたそうです。お世話係の“なかむらさん”にくっついて毎日を過ごす彼は、いつものように窓から放りこんだ(笑)通園バッグを探しに教室に入ったとき、シール貼りをしている子を見て目が釘付けになりました。枠にぴったりとシールを合わせる様子を見たのでしょう。その日から彼は、園庭だけではなく少しずつ教室に入るようになり、たくさんの教材を使うモンテッソーリの活動を一つ一つ覚えていったそうです。

岡山先生は「徐々にね。10個やることがあれば、最初は1つか2つかできればいいんです。その子がもう一つ出来たら、“良かったね”とうれしいんですね。」と、とても素敵な京言葉でおっしゃいます。

「登園したらカバンを棚にかけて、シールを貼って、スモックを着る。」ことを、子どもは毎日義務のように先生に教え込まれるのが当たり前です。でももしそれらを、子どもが自分で見つけた“おもしろい儀式”と感じたら、子どもたちはもっと園生活に愛着を持ち、夢中になるのではないかと思いました。

お弁当の片付けをしない女の子のお話がありました。その子はやはり元気なお嬢さんで、いつも食べた食器そのままで遊びに行ってしまいます。床を見たらこぼしたもので散らかっています。「さぁ、どう教えようか。」と先生は考えられて「ね、やってあげるから。おいで。」と声をかけたそうです。

片付けを一人でするには、順番が大切です。その子の道具に合わせて、お箸→コップ袋→お弁当箱の順に整えて、最後は包みを一緒に結びます。この工程を毎日毎日たがえず一緒にしながら、少しずつ少しずつ、その子が出来るように手伝われたそうです。

「お箸の箱みてごらん、溝があるでしょう。ここに蓋を入れるのよ。」「布のこっち持ったら、こっち引っ張ってくれる?ほら出来た。」と、仕組みも見せながら何度も何度でも教えます。

ある日、先生が忙しくて他の子を手伝ってその子のそばにいられない時、女の子はそっと自分のお弁当箱を片付けたそうです。それもひとりで!先生はどんなに嬉しかったことでしょう。でもこのお話をされた意図はそこではありませんでした。

「子どもが一人でしたら手を引きなさい。」と先生は言いました。「彼女は一人で出来たのだから。」もし彼女がまた困ったらさりげなく手伝えばいい、今は彼女の仕事をたたえましょう、と言うことです。

自立は、子どもを大切に何度も何度も手伝って、ようやく“はじめの一歩”が出たときにはブラボーと応援し、子どもが二歩・三歩進むと手を引く。それがモンテッソーリの先生なのかと思います。